translation missing: ja.general.skip_link

植物工場は〇〇だった🥬!?!?

植物工場は〇〇だった🥬!?!?

こんばんはArushikoLifeのRENYAです😊!

 

最近では衣類に関しての会社を紹介したり、ここ数日の間では

食に関する企業のSDGs取り組み事例の紹介もしてきました。

 

まだまだご紹介したい会社もたくさんあるのですが、

みなさんも話題が同じだと飽きてしまうかもしれませんので、

次の話題へと移っていきたいと思います。

 

 

衣食ときましたので、

そうです!次は住について

書いていきたいと思います!!

 

本日ご紹介させていただく会社は

 

大和ハウス工業株式会社🏠

 

です。

 

 

ダイワハウスグループといえば、住宅はもちろん

商業施設や、ホテル、倉庫なども手がける業界最大手の住宅メーカーとなっております!

 

 

 

グループとして、とてつもなく大きいので

多数のSDGs活動をされていますが、その中から厳選して4つを三日間に渡って紹介していきたいと思います

 

本日ご紹介する内容は、

 

 

①大和ハウス工業の建築ソリューションと、三協立山の栽培技術を組み合わせて実現した

植物工場システム「アグリキューブ ID」

 

②自然と仲良し!世界のおうち体験プログラム

『おうさまとおうち』

 

について書いていこうと思います

 

 

 

 

 

①大和ハウス工業の建築ソリューションと、三協立山の栽培技術を組み合わせて実現した

植物工場システム「アグリキューブ ID」

 

植物工場というものをご存知でしょうか??

 

植物工場とは、

「施設内の温度、光、炭酸ガス、養液などの環境条件を自動制御装置で最適な状態に保ち、

作物の播種、移植、収穫、出荷調整まで、周年計画的に一貫して行う生産システムのこと」(農林水産省)

だそうです。

 

ここでは、

光培養で明るい工場で緑の野菜が生産されているものを想像していただければ大丈夫です!!

大和ハウス工業・三協立山協業によって、「提案」「建築」「栽培サポート」の

各フェーズでお客様の植物工場事業をこまやかにバックアップをしています

 

それでは、この植物工場システムの何がいいのかというところを見ていきたいと思います

 

1、安定生産、安定品質、安定価格

2、徹底して衛生管理による農薬不使用栽培

3、歩留まりの高さ

4、付着菌数の少なさ

5、異物混入リスクの低減

などが挙げられます

 

工場の中で生産するということは

外部の刺激を調整できるという事につながります

 

太陽の光、気温、風、虫、草など

とてもたくさんの外因と隣合わせで農業というものはやっていかなければなりません。

 

ですが、工場内で生産する事によってこれらをコントロールできますので、

安定して生産する事ができます

 

災害などにも強い生産が行えますね。

温暖化の影響によると思われる大雨などで野菜が取れず白菜やキャベツの値段が高騰するなど

色々な問題がこの工場生産で解決する事ができます

 

もちろん、栽培面積を確保するということがとても大変ではありますが、

何段にも積み上げて生産することによおり、それらも解決されています

 

僕も、中学校の時に見た、教科書にこの明るい工場が載っていて

とても先進的で、まるでSF映画を見ているようだと思った覚えがあります。

 

明るい部屋で栽培されていてあまりにも綺麗で、逆に少し怖いとさえ思っていた工場生産ですが、

調べてみると、無農薬などのメリットが多数あって、そんな思いは払拭されました

 

 

そんな工場をダイワハウスの建築技術を利用して、

送風システムや、養液管理システムなども量産できるよ

農業の工業化ができますというのが、この植物工場システム「アグリキューブ ID」という取り組みでした

 

 

 

 

 

②自然と仲良し!世界のおうち体験プログラム

『おうさまとおうち』

 

この取り組みは

自然環境に合った様々な暮らし方や、おもしろい形のおうちがあることを知り、

自然とともに暮らしている多様な文化に興味・関心をもつということを目的として

“暮らしと住まい”をテーマに、感受性の高い幼少期から自然や環境に親しみ、

自然とともに暮らすことの豊かさを感じる気持ちの醸成をめざした『親子参加型』の教育プログラムです。

 

さすがは住宅メーカー最大手ということもあって、

建物の特徴から多様性の教育につなげていくという面白い取り組みですね!

 

モンゴルの移動式住居や日本とは全く違う形のお城などから

SDGsを教えてもらう事ができれば、いきなりダイバーシティと言われるよりも

すんなり勉強に入れますし、楽しそうと思える。

そんな機会を子どもに提供できるというのはとても素晴らしい事ですね。

 

こちらは、親子で参加できるということもあり、僕ももう少し子どもが成長したら

ぜひ一緒に参加してみたと思います。

 

 

 

 

本日は、4つの中から

①大和ハウス工業の建築ソリューションと、三協立山の栽培技術を組み合わせて実現した

植物工場システム「アグリキューブ ID」

 

②自然と仲良し!世界のおうち体験プログラム

『おうさまとおうち』

について書いてみましたがいかがでしたでしょうか

 

 

 

明日もダイワハウスの取り組み

 

③家事をシェアしてハッピーに。

ダイワハウスの「家事シェアハウス」の提案

 

について書いていきたいと思います

こちらは、夫婦の問題も解決する取り組みだと思いますので、

是非是非読んでみて下さい!!

 

 

 

 

本日も最後まで読んで頂き誠にありがとうございました!!

 

ArushikoLifeでは日々勉強になるSDGsのBlogとインスタグラムの投稿をやっておりますので、

是非メールアドレスのご登録と、Instagram(@arushikolife_official)のご登録をお願いします

近々、送料無料券なんかも配信しようと思っておりますのでお楽しみに😊!!!

 

明日どうぞもよろしくお願いします!!

 

ではまた!!

Continue reading

災害備蓄を奨励!ローリングストッカーズ🧑🏻‍🚒

災害備蓄を奨励!ローリングストッカーズ🧑🏻‍🚒

マイクロプラスチック問題②

マイクロプラスチック問題②

家事は手伝うものではありません🙅‍♀️!!

家事は手伝うものではありません🙅‍♀️!!

Comments

Be the first to comment.
すべてのコメントは、公開される前にモデレートされます。

あなたのカート